屋根材料の耐用年数

屋根の耐用年数とは?

屋根の寿命、耐用年数とは、何であろうか?
”耐用年数”は税金関係の固定資産の減価焼却によく使われる言葉ですが、ここでの意味は屋根の耐用年数を屋根の本来の機能が失われる一般的な年数とします。 屋根本来の機能とは、「雨風を家の中に入れない、家から守る」機能ですから、きちんと施工された屋根で、屋根材の老朽化により、雨漏り、屋根からの風の流入があったら屋根の機能は失われたと言います。 何かの事故で部分的にこの状態になり、部分修理で十分に対応できなくなったら(部分的に修理しても他にも不具合が生じることが十分予想されたら、耐用年数になったと言うことにします。(これを対応年数の定義とします)

屋根の耐用年数

屋根は、基本的に3つの部材でできています。 一番下の材料の下地材(以前は野地板、今は9mm以上の厚さの合板、コンパネを使います)、下地材の上には、下葺き材であるルーフィングシート、(防水シート)、一番上というか、表面にあるのが、仕上げ材で、これはいろいろバラエティに富んでいます。 瓦、スレート(カラーベスト、コロニアルは商品名)、トタン(亜鉛のメッキ鋼鈑)、ガルバリウム鋼板(亜鉛+アルミニュウム+シリコンの合金メッキ鋼鈑)、シングル(アスファルトを塗布した材料)が主に今日本で使われている屋根の仕上げ材です。 それぞれの耐用年数を調べて載せています。
お調べになりたい屋根材料をメニューから選んでください。

材料メーカーの保証年数とは?

屋根材のメーカーが、保証する保証期間は、その屋根材料の耐用年数ではありません。
メーカー保証の期間とは、そのメーカーのマニュアル通りの施工を正しくし、かつ施工をメーカーに申請し、メーカーに認証を受けて初めて保証を得られるもので、保証期間内に材料に不具合が生じたときは、その材料を交換してくれるものです。 
屋根材料のメーカー保証の他に「施工保証書」なるものがあります。 これは、屋根工事を請け負った屋根屋が出す保証書で、施工の不具合が何かの事故以外の場合に起きた時、施工業者が、責任を負うもので、施工責任の保証です。 通常は10年です。 この期間内であれば、何回でも施工の不具合を直してくれます。

ページの先頭へ