垂木

屋根の形は、寄棟、切妻、方形屋根、入母屋片流れ、越屋根など、いろいろありますが、一番簡単な、切妻で説明します。
まず、屋根材ではありませんが、基本の屋根材3層構造を支えている、家の骨組みです。
”垂木”と呼ばれるものです。 この上に屋根材のコンパネ(野地板)を施工します。(下図)

コンパネ(構造用合板)

コンパネ(構造用合板)を施工したところです
むかしは、幅の狭い野地板というのを張っていました。(今でも野地板、野地と言います)

野地板

幅:10cm
長さ:1m-1.8m
の板を張ったものを野地板と言う。

防水シート(ルーフィングとも言う)

コンパネの上に、実際に雨水を防水する防水シート(ルーフィングとも言う)を施工します。 この防水シートが破れる、裂けると、雨漏りが始まります。 材質は、布にアスファルトを塗布したもので、防水に広く使われています。 

桟木

瓦を引っかけて固定するための、桟木を防水シートの上から施工します。
この桟木には、所々切れ込みがあって侵入した雨水を下へ、導く役割を果たします。
この最近の耐震工法は、この桟木にステンレスのビスで瓦を固定しますので、震度6強の揺れにも耐えられます。 桟木に引っかけただけの工法、桟木がなく、土を盛って瓦を固定する土葺きの工法は、昔の施工方法です。

瓦

瓦の絵が大きいですが、一番上に施工する屋根材を仕上げ材と言いますが、瓦です。
イラストには、細かく書けていませんが、耐震工法(ガイドライン工法)では、最低1枚の瓦に対して2ヶ所ビスにて固定します。
(引っかけて&ビス止め)

主要屋根材

  • コンパネ(野地板)
  • 防水シート(ルーフィング)
  • 仕上げ材(瓦など)

その他の材料

  • 断熱材
  • 遮熱塗料
    仕上げ材、主に金属材料に塗布して使用。
  • 防音材料
    特にトタンやガルバリウム鋼板では雨音を防音する
  • 2重構造
    最近よくやるのが、カバー工法です。 結果的に2重に屋根を作るので、断熱、防音効果が期待できます。
    また、カバー工法はコスト低減の目的ですが、ワザと屋根を2重につくる工法もあります。

瓦屋根の名称

越屋根
瓦屋根A:越屋根
方形屋根
瓦屋根B:方形屋根

瓦屋根の各部の名前を掲載します。 左写真は、屋根が2段になっていて、越屋根と言いますが、一番天辺を棟、棟は途中切れて棟が3本です。 棟の両端は”けらば”と呼んでいます。 屋根は2方向(下方向)に流れていて、瓦屋根の本体(一番広いところ)を平部そこに使われる瓦を平瓦、桟瓦といいます。 平部の一番下の部分を軒と言い先端を軒先といいます。 この軒先に雨樋を施工します。 左写真は、方形屋根で、棟が2階の屋根には4本あり、それに囲まれた部分を同じく平部と言っています。 また1階屋根と2階の壁の堺を壁の取り合い部分と言い、ここからの雨漏りも多く重要な箇所です。 方形屋根に”けらば”はありません。

<暴風や竜巻で屋根が損傷したら、火災保険で修理>

  1. 屋根修理の火災保険申請お手伝いします。
  2. ゼロ円屋根修理業者のような高額な手数料(修理に含)なし
  3. 実際の屋根修理、屋根工事も施工します。

火災保険・風災の補償金の申請は;
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120-58-1152