屋根の構造・名称

屋根の一番上にのっているのが、仕上げ材と言います。
その仕上げ材の違いによる屋根構造を上のメニューにしましたので、ご自分の自宅の家に合わせて選んでください。 このページでは、屋根の骨組み、屋根に関係のあるところの解説をいたします。 雨漏りの修理や、断熱などの話では、良くでてくるところです。

屋根の下の構造、骨組みなど

小屋裏(天井裏)の様子

小屋裏から屋根の裏側を見る

小屋裏からは、屋根の裏側を見ることができます。 屋根の下地材である野地板は、垂木に止められ、垂木は、柱や梁で支えられてます。 もしあなたの自宅に押し入れがあればそこの天井に点検口がありますので、板をずらして天井から頭を出すと、見えるのが上の写真のような小屋裏が見えるはずです。 
図でいうと、天井の上、屋根のした。
これらの間の空間を小屋裏と言います。
小屋裏の調査で、垂木や、野地板の間から雨漏りの跡を探し、どこから雨漏りがしているかも分かります。
(野地板 => 現在の木造住宅では、合板であるコンパネを使用します。)

また、経年変化で、野地板が傷んでいるかその他の屋根部分が傷んでいないかも、この小屋裏の調査をすれば、おおよその判断ができます。 屋根を見てもその下の防水シートや、野地板のことは、仕上げ材を剥がしてみないと分からないことが多いのですが、小屋裏からの点検からですと解り易いです。 
最近では、小屋裏のない住宅もあり、つまり天井がなくて、部屋の上は、屋根が直接見える家もあります。 この屋根が直接見えても、それを天井と思っている方も多いのですが、天井と屋根の裏側とは、違うものですので気をつけてください。 小屋裏があると、そこに断熱材を施工したり、防音材を施工したりできます。(後述) 
最近では、小屋裏のない住宅もあり、つまり天井がなくて、部屋の上は、屋根が直接見える家もあります。 この屋根が直接見えても、それを天井と思っている方も多いのですが、天井と屋根の裏側とは、違うものですので気をつけてください。 小屋裏があると、そこに断熱材を施工したり、防音材を施工したりできます。(後述)

<暴風や竜巻で屋根が損傷したら、火災保険で修理>

  1. 屋根修理の火災保険申請お手伝いします。
  2. ゼロ円屋根修理業者のような高額な手数料(修理に含)なし
  3. 実際の屋根修理、屋根工事も施工します。

火災保険・風災の補償金の申請は;
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120-58-1152

ページの先頭へ