垂木

屋根の形は、寄棟、切妻、方形屋根、入母屋片流れ、越屋根など、いろいろありますが、一番簡単な、切妻で説明します。
まず、屋根材ではありませんが、基本の屋根材3層構造を支えている、家の骨組みです。
”垂木”と呼ばれるものです。 この上に屋根材のコンパネ(野地板)を施工します。(下図)

コンパネ(構造用合板)

コンパネ(構造用合板)を施工したところです
むかしは、幅の狭い野地板というのを張っていました。(今でも野地板、野地と言います)

野地板

幅:10cm
長さ:1m-1.8m
の板を張ったものを野地板と言う。

防水シート(ルーフィングとも言う)

コンパネの上に、実際に雨水を防水する防水シート(ルーフィングとも言う)を施工します。 この防水シートが破れる、裂けると、雨漏りが始まります。 材質は、布にアスファルトを塗布したもので、防水に広く使われています。

ガルバリウム鋼板など横葺きの金属材料

ガルバリウム鋼板など横葺きの金属材料は、左図のように下(軒先)から施工します。
固定する釘、ビスは、各横長材料の上側(重なる部分)に打たれ、次の材料で隠れるように葺かれます。 同時に、下の1枚にフックがあり、下の材料とのジョイントをし、固定します。 ですので材料の1枚1枚は、上下で固定されているので、強風でも剥がれ難いのです。


ガルバリウム鋼板の屋根の各部分の名称は、スレート材屋根と同じです。 
各部の名前は、スレート屋根の構造を参照してください。

ガルバリウム鋼板の種類(自然石粒化粧鋼鈑)

ガルバリウム鋼板は、1mm以下の薄い鋼鈑に、亜鉛+アルミニウム+シリコンのメッキを施した材料で、トタンより錆びにくい、屋根材、壁材として広く使用されていますが、屋根材として、彼の兄弟材料があります。 ジンカリウム(ガルバリウムとほぼ同じ組成で、生産工程を改良し、ガルバリウム鋼板より高耐久性をもつ)を基板に使い、ガルバリウム鋼板などの金属表面の弱点を補完した屋根材で、自然石粒化粧鋼鈑とか天然石粒付ジンカリウム鋼鈑と名づけられたものです。 (米国名: Stone Coated Streel Roofing)、以前までは少し高い(\10,000/㎡)屋根材でしたが、日本のメーカーも少しづつ増え、手ごろな価格で施工できるようになっています。

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム鋼板; 横暖ルーフ 実際の施工例
ガルバリウム鋼板
株式会社チューオー
ガルバリウム鋼板; 横暖ルーフ
自然石粒化粧鋼鈑
自然石粒化粧鋼鈑 施工例
自然石粒化粧鋼鈑
自然石粒化粧鋼鈑 株式会社 鶴弥
火災保険の保険金申請;屋根調査、報告書作り、保険申請は;
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120-58-1152