トップページ

屋根の構造、耐用年数を知る

   屋根の修理をしたいとき、しなければならないとき、業者さんから見積をもらって考えたいとき、どこをどうすればいいのか? 屋根の構造を知ら無かったり、その修理する箇所の名前が分からないとき、業者に電話して説明するのにいらいらしませんか? また修理の説明を電話で受けた時、屋根の構造や名前を知らないと・ ・ ・ 「ああ、雨漏りがするのでしたら、防水シートをチェクしないといけないですね、 腐食が進んで野地板もやられている可能性があります。」  「 ・ ・ ・ 」
「防水シートって何? どこにあるの??」、「野地板って何をするの」 などと自分の家の屋根部分の名前がちんぷんかんぷんです。 これでは、悪徳業者に舐められます。 修理、工事の為の屋根の基本的な構造など、最低限の知識は、ここのサイトでしっかり学んでください。
屋根修理を火災保険で補填する場合の解説は、別サイトを載せています。
 

屋根の構造は基本的に3層構造

 屋根の構造は、左上から、
1: 屋根の骨組み
2: 下地(野地板、今はコンパネ、合板材)
3: 下葺き材(防水シート、ルーフィング)
4: 仕上げ材(屋根材)

一般に、木造住宅の屋根の構造は、骨組み、下地は木材下葺き材は、アスファルトの基材、そして一番目にする仕上げ材は、瓦あり、スレート材あり、金属などいろいろな材料でつくられています。

屋根を構成する要素する主な要素は、
  下地材である、コンパネ(野地板)
  防水の為のルーフィング(防水シート)
  一番上の仕上げ材の3つです。
  (瓦、スレート材、トタンなど)

現代の屋根の構造では、この3つのうちどれかが欠けても正常な屋根ではなく、雨風雪から完全に家を守ることは難しいです。 構造上、基本的に大事な3要素です。 この3つが、屋根屋さんの責任範囲で、骨組みは大工さんの縄張りになります。 
トップページ
屋根の構造・名称
断熱材のいろいろ
防音について
屋根材料の耐用年数
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼

 

屋根の各部の名称(構造)

右の写真例は、屋根の各部の名前を表示したものです。屋根の構造、形式は、寄棟。 屋根のてっぺんは、大棟と言われています。 大棟から軒先に向かって下りている棟がありますがこれを下り棟と言っています。この屋根の平たい、一番面積が大きい部分を平部、平部と平部が出会って、谷のように凹んだ部分を谷部と言い、この屋根の構造は、棟と谷からできています。 屋根の一番下がった部分を軒、その先端は軒先です。 軒先には、雨樋が取り付けられています。手前左に出窓がありますが、この壁と1階屋根の狭間が”壁の取り合い部分”と言い、雨漏りの要注意部分です。
この部分をしっかり施工しないとここから雨漏りがしてきます。 (雨仕舞を良くするといいます) 傾斜のある屋根は、一番上に棟、平部があって軒に雨樋があると言う基本的な構造は、どの屋根も変わりません。
 このヤネの構造は、”越屋根”と言い、下の大きいヤネが切妻型、その上にまた切妻型の小さいものが乗っています。 それぞれのてっぺんは棟(棟は2本)と言いで、棟から両方側に流れ下っている構造です。 その面は、切妻型が2つありますので、4面でこれを平部(本体部分)という構造になっています。
ここに使われている瓦が平瓦です。 棟部分に使われている瓦が、熨斗瓦と冠瓦です。
軒先は、平部の一番したになり、軒先は2本、写真に写っているものと、向こう側に1本あることになります。 左にあるのが、”けらば”部分と言って、三角形の形をしている部位です。
平部、棟部分、軒先、けらばを覚えておけば、
修理の内容を説明するときに便利です。 
 

屋根の構造や部分の名前、仕組みを知る意味


   不具合箇所を修理したいとき、しなければならないとき、屋根の構造、部分の名前を知っておくと、業者さんに相談するとき見積をもらって考えたいとき、どこをどうすればいいのか? 屋根の構造上何を修理すれば良いのか、業者さんの言うことが理解し易いですし、自分で考えることができます。 「ああ、こんなに雨漏りがするのでしたら、葺き替えないといけないですね、腐食が進んで野地板もやられている可能性があります。」 こんな会話の意味が解りますか?屋根の構造や、どうやって屋根は雨を防いでいるのか?その主役は何なのか?構造や各仕組みを知れば、悪徳な業者にも騙されるこが無くなりますし、一番良い修理方法、対処方法が、業者さんのアドバイスとともにより一層分かるようになります。 一番コストのかからない方法で、一番丈夫で長持ちする工事が可能になります。 申し訳ありませんが、業者さんは、仕事が欲しいです。 よりお金の掛る工事をやりたいですが、業者の言うがままではなく、自分で考えて、ベストな工事、ベストな修理をしたいものです。 このサイトがその手助けになれば、幸いです。 自分の家の屋根の構造、各部分の仕組み、材料などをこのサイトで知って賢く屋根葺き替えなどをしましょう。
   <火災保険は、火災ばかりではなく風災にも適応します>。 
    
(これで台風や突風で破損した箇所の修理をする、補償金が得られます)
 1.修理の為の風災(火災保険)申請”だけ”もお請けします
 2.調査時に工事のお約束を条件としません。
 3.ゼロ円屋根修理業者のような高額な手数料をとりません。
 4.勿論、修理、葺き替え”だけ”も承れます。

   風災での屋根調査、火災保険補償金の申請は
         屋根診断申請ドットコムへ 電話: 0120−087−120
      修理、雨樋修理、屋根張り替えのご用命も
         屋根診断申請ドットコムへ 電話: 0120−087−120

           By 有限会社 エクセラ http://exela.seesaa.net/
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved